FC2ブログ
Top page  1/20
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03
2018

ダンケルク

CATEGORY映画感想
凄い映画を観た。



多分このRの文字の形を見るに、実際のポスターに使われている書体はヘルベチカではないんだろうけど一番近かったのでこれで。シンプルなゴシック体って結構いかすよね

【ダンケルク】
原題 Dunkirk
公開 2017
ジャンル 戦争
監督 クリストファー・ノーラン
主演 フィン・ホワイトヘッド

画郭1.90:1である名古屋109 IMAX、ミッドランドスクエアシネマでの45mmフィルム上映、画郭1.43:1のエキスポシティIMAXとで三度観ました。そしてそれぞれこの違う環境で観ると、まったく違う映画のように感じました。

初見ではただただ呆然とした。椅子や壁、劇場中に、振動が体感できる程ビリビリと音が響いてずっと胸騒ぎがしてた。映画館での大音量は何度も経験しているはずなのに、こんなに分かりやすく音が響いていたのは初めてのことでした。
不安で、怖くて、事前にインターネットで読んであったIMAXならではの何とやらをチェックする余裕もなく、観終わった後は気力を失い、終始ボケッとしながら名古屋駅まで歩いて帰りました。以前「マッドマックス 怒りのデス・ロード」をIMAXで観たときも唖然として(私は何を観た…?)など思いながら同じようにボケっとして歩いたけれど、その時ともまた違う気持ちでした。

ミッドランドスクエアシネマでのフィルム上映は、フィルムに傷が入ってしまっており少し残念でした。特に上空などの明るい画のときには特に目立っており つい傷を気にしてしまいました…。でも質感が本当にIMAXとは違っていて、初見では激しい映画だと感じたはずなのに、今度は切ない映画のように感じました。

そしてエキスポシティの大画面、さらに1.43:1の本当の比率で観ると、またまた違う。画作りからして違います。
1.90:1で観た 冒頭の兵士が歩いている場面、1.43:1で観ると実は上空のチラシにフォーカスされているシーンだったり、ただ船を映している画だったかと思いきや本当は海全体を撮っていたのだと気づけたり。
画面が大き過ぎて、本物の海が垂直に立っているような、さらに覆いかぶさって来るような感覚。飲み込まれそうでした。いや、きっともう飲み込まれてた。

キリアン・マーフィーに対しての思いも
1度目は「は?コイツ何なの?」ととても腹が立ったのに、2度目は「あれ?この人って切ない役だったんだ」、そして3度目「もう…もう思い詰めなくていいんだよ……。」とだんだん変わっていきました。こんな、観る度に感じ方がガラッと変わる映画なんて初めて観ました。
そもそも私はSFやヒーローアクションものばかり好んで観てきて、こういう映画って絶対に自ら選ぶことはなかったから、こんなにもダンケルクに惹かれたことが自分でもなんだか不思議なのです。きっと去年ツイッターをやっていなかったらダンケルクは自分の目に留まることもなく、少なくとも映画館では観ていなかった系統の作品だと思います。なんだか自分の「好きな映画」とはまた違うんだけど、好きなんだよなあ…。
そして、初めて映画の為に遠出をしたとか、そういった思い出も含めて自分にとって大切な存在の映画になったと思います。今度もまた絶対にスクリーンで観たいです。

ありがとう。
11
2018

ナイトクローラー/クリムゾンピーク/プレステージ

CATEGORY映画感想
NC.png
【ナイトクローラー】
定期的に観たくなるこれ。観て「ハァァァアア?」って言いたくなるこれ。とにかくジェイク・ギレンホールの眼がいい(小並感)

cp_ef00.png
【クリムゾン・ピーク】
ファンタジックな絵本の世界がそのままスクリーンに映し出されたかのようで、そこにダークが入り混じったこの世界観がとても素敵です。

psta.png
【プレステージ】
この作品も、豪華さとダークが合わさった素敵な世界観でその不気味さがどえらいカッコいい。ストーリーはサスペンスなのかと思っていたらSFだという…いやもうカッコエエな〜
03
2018

猿の惑星 聖戦記

CATEGORY映画感想
旧作の感想
前々作、前作の感想



【猿の惑星 聖戦記】
原題 War for the Planet of the Apes
公開 2017
ジャンル SF
監督 マット・リーヴス
主演 アンディ・サーキス、ウディ・ハレルソン

猿の惑星、大好きです。旧5部作も新3部作も全部好き。ティム・バートン版はシラネ(゚⊿゚)
一作目からはもう50年も経っているけど、劇場にはリアルタイム世代もいたのでしょうか?最近はこういうリブート作品が多いから、昔からの映画好きさんにとってさらに楽しい時なんじゃないかなと思います。その当時の思い出も含めて素敵な作品になっているだろうから、それが呼び起こされるのかな とか。あ、でも思い出がある故にこのリブート時代が嫌だったりもするのかな…?


かんそう

創世記で赤ん坊だったシーザーが 今回はリーダーの役割を担い、しっかりと仲間を守ろうとするその姿に思わず感動しました。人間には作り上げることのできなかった信念や強さをシーザーは持っています。CGで作られた猿であることを忘れてしまうような…、もうとっくに不気味の谷を超え、最早「リアルな」という言葉すら忘れるくらいの自然な表情でした。
一方、ウディ・ハレルソン演じる大佐にはほぼ表情がなく、素直に恐ろしかったです。

このシリーズではずっと人間とエイプとが対照的に描かれていて、観ている私たちがエイプ側の味方に付き「人間◯ね!」という感情がついつい出てしまうような作りになっています。前作までは「人間◯ね」の中にも少し「まあ良い奴もいるんだけどね…」という気持ちになれたのが、今回は本当に滅ぶべき、と思ってしまいました。
何かあの最初にシーザーに話しかけた若い兵士ってエイプの味方してくれる感じがしてたけど一体なんだったの…調べてみたらこいつは未公開シーンでもクズ発揮してたらしいので本当うんこ

あと所々に旧作のオマージュが入っているのが良いですね。別に旧作シリーズと話を繋げている訳ではないらしいけど、ああ そういうことだったのか、と納得できるような。
数多く出て来たリメイク作の中でトップクラスの作品ではないでしょうか。

好き
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。