FC2ブログ
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21
2016

ジャンパー

CATEGORY映画感想
jum.jpg

以前DVD屋のアウトレットで売られてたのを見つけて買ってみました。なんとお値段300円。安!まあケースがなくて紙のケースに入ってるやつだったんですけどね。でも新品。
この映画は続編ありきで作られたといわれていて、一度2014年の公開映画として話題に挙がったようなのですが その発表は短期間で取り消されちゃったみたいです。続編くわしく(T_T)

かんそー

壮大な景色の中 自由にジャンプして優雅に過ごしたり、いじめっこを置き去りにしてやったり、「自分もこんなことやってみたい!」とすごくワクワクドキドキする映画でした。
………と思えたのは初見のときだけで、何度もDVDを見てるとかなりおかしな映画だということに気づいてしまいました(笑)
まず登場人物全員あたまおかしいな?!まあデビッドがクズ人間なのは特典映像で監督さんたちもおっしゃってたんですが…。主人公をデビッドよりも復讐に燃えるグリフィンのほうにするべきだったのではと思いました。
ミリーも出会った当日に海外旅行ついていくってそんな馬鹿な?!でも、きっとそこまでの"つまらない前置き"を描いたところで展開がダラダラするだけなのかもしれない。一応その前置きシーンの撮影はしてあったらしいんですが、物語の設定年齢が変わり、女優さんがそれ以降のシーンで交代になったとかで全部削ったらしいです。
あとは監督たちが、その新しいミリーのキャラ設定でいい案が思いつかず、他の脚本家を集めてオーディションをして「旅行好き」という案を出した方のそのアイデアだけをいただき脚本家としては採用しなかったとか。監督が笑って話してました…。ファッ……。

て感じで登場人物のキャラクターもお話もあんまりよくはないんだけど、とにかくアクションはすごいです。すごくいいです。アクションシーンは全部良い。特にコロッセオでの戦闘と、ロンドンバスのところが好きですね。アクションシーンはすごく熱中できるので その場面ではストーリーの荒さは全然気にならなくなります(笑)
あとジャンプしたときに波動が出るところが面白いです。特典映像で、かなりこだわって撮影されていたことが伝わってきました。ロケ地巡り、セット作りや撮影の手法もとにかくすんごかったで~す!
本編より特典映像のほうが面白い疑惑ある(笑)

でもアクション以外にも印象に残ったところがありまして、デビッドパパのところへローランドが探りを入れに行くシーンで
「メアリーから電話があったらあなたに連絡しますよ」
「しないだろ」
「ああ、しないね」
っていうやり取りが、なんかよく分からないけど"あーなんだか大人の男性のやり取りだなぁー"って思いました。
なんて言うんですかね、言葉は少なくても大人同士お互いの雰囲気で察するというか…。多分デビッドパパはこの少しのやりとりで(あ、俺コイツに殺される)っていうことを察してると思うんですよ。そこがさすが大人だなと!まあ本当にそう思ったのかどうかはわからないですけど…。

そして、ローランドは最後どこかに置き去りにされたものの、執念深い人間だからきっとどうにかして戻ってくるんだろうな。「やるねぇ」みたいな顔してたし。中盤 スフィンクスの上に置いて行かれた刑事はどうなったんやら。
壮大で、ドキドキ楽しめる映画でした!でもきっと繰り返し見ちゃダメなやつだ(笑)



私がジャンプできたら行きたい場所
・NY タイムズスクエア
スパイダーマン、グランドイリュージョン、TMNTなどたくさん好きな映画で出てきたから!iPhoneのパノラマ撮影でぐるーっと回って写真撮りたい。

・ワシントンの国立航空宇宙博物館
出川哲郎さんがロケで行ってたのをテレビでみた。出川さんが現地の外人さんとE.T.の話をされていてテンションあがりましたん。規模がでっかくて面白そうでした。

生まれ変わったらジャンパーになるんや!(⌒▽⌒; )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。