FC2ブログ
13
2016

オデッセイ

CATEGORY映画感想
odsy.png

【オデッセイ】
原題 THE MATIAN
公開 2016
ジャンル SF、ドラマ
監督 リドリー・スコット

マーク・ワトニー(マット・デイモン)

この映画は上映開始から即修羅場。数分で「火星ひとりぼっち」になってしまっても、その後はパニックになったり暗くなったりせず生存方法をスパッと考えて実行に移していたり、急展開で進んでいきました。たった一人での生活で、いつ助けが来てくれるのか、まず助けがくるのかどうかも全く分からない中、主人公・ワトニーの陽気な性格とバックの音楽で悲しさをほとんど感じません。
一度ビニールハウスで火をつけるシーンで失敗したところも思わず笑ってしまう。でも明るく進んでいくうちに命が危うくなる瞬間やハラハラする場面もあって…上映時間は長いけれど飽きないです!予告ではもっとシリアスなSFものかと思って構えていたけど前向きなお話でよかったです。そしてワトニーだけではなく、何が起こるかわからない宇宙空間で「仲間が…」と気にする暇もなく嵐の中逃げ切って、宇宙船に乗りその間ワトニーのことを考え悩む船長たちの葛藤には心が痛みます。置き去りなのはどうしようもなかったんだよ。地上の人々…宇宙関係者だけでなく一般市民たちもワトニーの生還を心から願い、一致団結していて胸熱でした。「カプリコン1」のように政府のエゴや陰謀とかが出てこなくってほんとうにヨカッタ!

火星での日々の生活がSOLとしてカウントされ、地球帰還後の「DAY1」は、地球に帰って来て1日目だという事ではなく、私は火星生活を乗り越えてある意味生まれ変わった新しいワトニーとしての1日目という事だと思っています。多分そうですよね、だって地球へ帰還して1日ですぐトコトコ歩いたり仕事したりできないと思うし。(そこかよ)そしてラストの終わりかたはいかにも映画らしくて、思わず笑みがこぼれました。ピタッと画が止まって一瞬の静寂のあとにエンディング曲とエンドロールが流れる感じ。終わり方が良いと、胸がすっとして「いい映画見たなあ」というふうに思えます。あとパンフレットもすごくステキですよ!しゃれおつ~!