FC2ブログ
09
2016

複製された男

CATEGORY映画感想
hukusei.png
【複製された男】
原題 ENEMY
公開 2014
ジャンル ミステリー
監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ

登場人物
アダム(ジェイク・ギレンホール)大学教授
アンソニー(ジェイク・ギレンホール)俳優
メアリー(メラニー・ロラン)アダムの彼女
ヘレン(サラ・ガドン)アンソニーの妻

↓ネタバレ感想
・黄色い

カオスとは未解読の秩序である。
うーん。ミステリーだと思っていたらSFだった。ただただ驚きだよ。
ストーリは終盤になっても全然解決する気配がなくて、ラスト手前15分くらいで(え…もうすぐ終わりだよな…?)と不安になったところで最後は急ブレーキで終わった感。
販促物に「ラストは絶対に口外しないでください」と書かれていたようだけど私はネタバレせずに感想書くということができないので以下ふつうにネタバレさせていただきますね…ごめんなさいね…

んーうぅーーーんなんか難しい。
ネットに公式のネタバレサイト?があったようですが現在はもう見られなくなっていました。じゃあもう一生解決できないやん…。
というわけで私は公式の答えは見ることができませんでしたが、頭の中でなんとか整理しました。

ネットのご意見は"アンソニーは過去のアダム"説と"アンソニーの存在はアダムの妄想"説と"二人ともちゃんと存在している"説など複数ありまして、なんだか3つの説が3つとも納得できるし、納得できないっていう不思議な感じ。
なんとなく私は二人ともが同時に存在している人間だと思いました…。事務所の受付がアンソニーの存在をわかっているし、奥さんはアンソニーとアダムふたりいること確認したし。あの二人はドッペルゲンガーで、現実にお互いが出会っちゃったから よくある都市伝説のとおり片方が死んでしまった(宇宙の法則で消されたとか)、みたいな…?あとあのクモは宇宙人で、ドッペルゲンガーが出会ったことで宇宙の法則が乱れて地球に現れたとか。宇宙の法則好きすぎかな?(笑)

いやー終盤までは ここが重要なシーンだなーとか、妄想だとしたらここが矛盾してるなーとか色々考えることができるけど、最後あんな急にSFで終わられたらもう途中までのことが全部わからなくなる。ラストは本当にビックリした。いやずっとシリアステイストだったじゃん!どんな角度で終わるんだよ!「ワシャッ。」じゃないよもう!(笑)

というか「ワシャッ。」の直後ぶった切るようにエンドロールが流れてきたんなら(あーSF映画だったんだな)と感じられますが、そのあとジェイクギレンホールがクモをマジマジと見て溜息ついた理由がよくわからない。ジェイクギレンホールは前々からクモのこと知ってるみたいな溜息だったなと。もしあのクモがジェイクギレンホールの妄想なら、妄想にとらわれた男のドラマ映画だったと思うし、本当に街に現れたものならSF映画かなって思います。どっちでもいいのかなあ。
公式ネタバレサイトには「クモ=母親の象徴」と書かれていたそうです。ウググ…どういうこと…

うーんまだまだ不思議映画の読み取り方がワカラナイ(>_<)