FC2ブログ
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07
2016

ボーダーライン

CATEGORY映画感想
sicario.png

【ボーダーライン】
原題 SICARIO
公開 2016
ジャンル クライム、サスペンス
監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ

登場人物
ケイト(エミリー・ブラント)
アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)
マット(ジョシュ・ブローリン)他


ネタバレ感想

なんか、、あまりまとまってないけど書きます
普段SFばかり選んで見ているので、こういったリアル志向の映画を見るのはほぼ初めてだったかもしれない。
結果もう全方向で勉強不足を感じました。
メキシコの麻薬戦争について全然知識がなくて、過去テレビの「ワイドナショー」でメキシコハーフの女子高生が麻薬カルテルのことを『イカレタ奴らだよな』って毒吐いてた回をチラッと見たくらいのことでした。
麻薬戦争じゃなくてもこういったリアル志向の映画になるような出来事って実際自分の周りではそんなことが起きないから、リアルなんだけどいまいち現実に感じられず…うーんでもメキシコでは本当にこのような光景が日常で存在しているんだと思うと本当に恐ろしいし本当にイカレタ奴らですね。警察もね


印象に残ったところ
・冒頭の爆破シーン
FBIが民家に車で突っ込むところから「まさか」と思ったけどそのまさかでした。そしてあの倉庫はふつうに探してた目的の死体が入ってるのかと思ってた。映画館で思いっきりビクッ!!!となってしまい恥ずかしかったです、でもこれで一気に引き込まれました。

・猛スピードで街中を走る警察車両
ケイトの表情も硬く緊張感があって、そんな車が過ぎていく街中の光景は自分にとって非日常の悲惨な状況で嫌にドキドキしました。


びっくりポイント
・麻薬を取り除こうという動きなのかと思っていたら 麻薬は取り締まらずCIAが居心地よくなる場所作りのためだったこと
(↑ちょっと違うかもしれないですが)


なるほどポイント
・水責めにしたあと排水溝を映したシーン=のちに出てくる「トンネル」を表現しているらしい


よくわからなかったところ
・修学旅行みたいなバスの団体
アレハンドロたちが質問しに集めたあの団体です。この人たちってなんだったんでしょうか?メキシコの刑務所にいる人とか?
↑調べた結果 不法入国者の団体だそうです、トンネルの情報を探るためにアレハンドロたちがケイトの権限を利用して集めたらしい。
お、おん…。(よくわからない…)


最後、ケイトがベランダからアレハンドロを撃とうとして泣き崩れたところは胸が痛くなりました。殺してやりたいくらい憎いのだけど、あそこで撃ったら自分の憎む存在と同類になるから撃っちゃ駄目なんですよね。そこのボーダーラインを越えなかったってことーーあーーーーーーーはぁーーーーーーーーんえーーーー


どうして正義の心を持っている人が利用されたりつらい思いをしなければいけないの
本当にこんなことがあっていいの。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。